Sangha‐サンガ

日常に役立つ仏教を考える僧侶のブログ

映画「空海〜KU−KAI〜」見ましたよ!早速レビュー!

f:id:sangha:20180225012039j:image

 

 「弘法大師としても知られる真言宗の開祖・空海遣唐使として中国に渡った若き日の姿を描く、日中合作の歴史スペクタクル大作。夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を原作に、「さらば、わが愛 覇王別姫」「始皇帝暗殺」の名匠チェン・カイコーがメガホンをとり、主人公の空海を海外作品初挑戦となる染谷将太が演じた。8世紀、遣唐使として日本から唐へやってきた若き僧侶の空海が、詩人・白楽天とともに首都・長安を揺るがす巨大な謎に迫っていく。空海の相棒となる白楽天を中国の人気俳優ホアン・シュアン、物語の鍵を握る楊貴妃を台湾出身のチャン・ロンロンが演じるほか、日本から阿部寛松坂慶子らが参加している。」

 f:id:sangha:20180225013212j:image

映画映画「空海〜KU-KAI」見ました。
原作ほど空海がぶっ飛んでなかったのと、オチが全く異なっていました。

途中「??」な部分が多かったり、いかにも中国映画っぽい演出が多分に盛り込まれてるので苦手な人も多いかな...?

展開が急なので一回見ただけじゃわからなそうです。

けど、染谷将太くんの空海役がなかなかハマり役だったのと、阿部寛の異様な存在感。白楽天の可愛さ、映像の美しさとセットの街並みのスケールのでかさ....

原作ではぶっとんだファンタジー伝奇小説だったのを、謎解きミステリーであると同時に感動の愛の物語にしたまとめ方がよかったです。(ぶっ飛んだファンタジーではあるけど)

やっぱ日本で映画になるようなお坊さんってお大師さん(弘法大師空海くらいしかいないんだなあ。

映画の内容はともかく、「空海」という存在がより認知されるのは、真言宗のお坊さんとしては嬉しい。これを「空海そのもの」とはおもわず、この映画をきっかけにもっと多くの人が弘法大師に興味をもってくれたら嬉しいなぁ。

 

あと、お坊さんとしては染谷くんの着ていた衣が気になりました。笑

f:id:sangha:20180225013205j:image

 

おわり。ナム!

不悪口院くるとん